ジェモセラピーとは

ジェモセラピー

全てを凝縮した生命の宝庫ジェモセラピー

ジェモセラピーは1950年よりベルギーのポール・ヘンリー医師が、植物の成長エネルギーの宝庫である新芽やつぼみについて研究を始め、1970年代に一つの療法として確立された植物療法(ハーブ療法)です。

ジェモセラピーは、春先に開きつつある樹木のつぼみや新芽から作られたレメディを使います。

つぼみや新芽の部分から抽出される「植物幹細胞」は、樹木・樹皮・茎・枝・蕾・花・葉など、様々なものに変わり、形作ることができる細胞です。

シベレリンという成長ホルモンには、植物ホルモン、ビタミン、酵素、微量元素などが含まれていて、植物の成長のために必要な全てのエネルギーが凝縮されています。

現在、ヨーロッパでは薬局で購入できるほど普及しており、東欧のルーマニアでは医師が処方しています。

フランス Herbiolys(エルビオリス)社について

12540617_939781829409780_6885674939555637081_n

植物療法サロンLindoでは、フランスのHerbiolys社のジェモレメディをご紹介しております。

Herbiolys社は情熱溢れる植物学者、ハーバリスト、そして民族植物学者はフランス山脈周辺(中央高地・ピレネー山脈・アルプス山脈・ジュラ山脈)周辺で、過去何年にも渡り研究を進め、お客様へ最高品質のジェモエッセンスを提供できるように努めてきました。

ABラベル

Herbiolys社のジェモレメディは、すべての工程で無農薬・有機栽培で育てられた植物を使用しており、フランス政府からABマークの認可を受けている製品です。ABマークとは、フランス政府の厳しい基準をクリアした、栽培から商品加工にいたるすべての工程で添加物などを一切含まない製品にのみ使用することが許されています。